« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

ポケセン産ペパクラを作ってみたー

Psppcr

 前に紹介したポケセンで購入したお菓子に付いているペーパークラフトを作ってみました~。

 型紙にはあらかじめミシン目が入れられているので、切抜きの作業はとても簡単です。折り目にもガイドが付いているので親切設計です♪

 ただ厚紙なので精密に組み立てるのはちょっと難しいかもしれません。どうしてもズレが…。子供向けなら作品にある程度の強度が必要なので厚紙が適しているのですが…。

 作り方自体に関しては、小さな子供だけでは難しいかなと思えたところも多少なれど有り。まあ最初から親子で作るってことをコンセプトにしているんでしょう。

 でも造形がかわいいので許す!(何)やはり好きなキャラが手のひらに乗るのは感動です。

 しかし、こういう試みはいつからやってたんだろう…?もっとあししげくポケセンに通っていれば感知できたのかも……!

~パソコン新調の話~

 作業に使っていたノートパソコンの動作が話にならないくらい重くなってきたしモニターケーブルが断線しつつあったので、この機会に新しいパソコンに買い換えました。Win7、いろいろ使いにくいです。XPどれだけ使いやすかったのかと。どのくらい使えば慣れてくるかなぁ。

 ペンタブも買い換えました。ドライバが行方不明になってて設定変更できないってまずいので。

 余談に、その古いパソコンをリカバリして起動してみたら動作が信じられないくらい回復してた件。なんなんだ…ハードの物理的な劣化じゃなかったのかい…。コレもうちょっと使ってやろうか。

~「ラストストーリー」の話~

 とくに理由も無く、でも導かれるようにAmazon予約したゲーム。「ゼノブレイド」のときに前情報を仕入れずに遊んだらとても面白かったので、今回もそのプランで。

 まだ1時間くらい遊んだところですけど……よし!面白いです!戦闘にやりこみ甲斐がありそうで。画面の見方とかバトルの情勢とか分からないところも多々ありますが、そのうち慣れるはず。あぁ…またルカリオ制作の時間が…。

 ってゆか、デント、傭兵やってたんだ

| | コメント (0)

3DSならゾロアークもふもふで理性ぼーん

 もうすぐ発売予定の「ニンテンドー3DS」、これの体験会に参加するため幕張メッセへ行ってきました!

 去年の段階ではそこまで興味があったわけではないのですが、25,000円という価格が発表になって、すぐ買っちゃおうかどうか悩んでしまったので判断をするために今回赴いたわけであります。Wiiより高いんだよねぇ…。

 会場についたのが開場の30分くらいあと、すでに列の待ち時間がすごいことに!一番人気の「ゼルダの伝説」が150分待ち。。。。。私の目的としては「ゼルダ」「パルテナ」「AR」とステージイベントだったので、時間などを計算してまずは人の少ない『立体映像展示コーナー』へ。

~立体映像展示コーナー~

 壁のところどころに四角い穴が開いていて、ここを除くと3DSの立体映像が楽しめるというものです。操作などはできず、ただ見るだけです。うーむ、写真撮ってくればよかったなぁ。画像が無いとさびしいから、適当な絵文字でも置いとこう。atm

 なんとなく「パルテナの鏡」の穴へ。・・・・・・・

うおおおおあああああ!!!?????なんだこれえええええ!!!???というのが最初の感想。

 意識したようなオーバーリアクションをお許しください…だってメガネeyeglassでも3D映像って見たこと無かったんだよ…。

 これはすごいです!個人的には映像が「飛び出す」というか「飛び込む」って感じでした。画面が箱になってるような。画質もすごく綺麗なのでとても豪華shine!技術の進歩ってすごいなと実感しました!

 この辺はしょうがないかも知れないけど、画面の正面からしか3Dに見えませんdespairでもこれが解決できるようなものが登場したらもう事件だわ。

 次は「スターフォックス」があったので・・・・・・・

うおおお(略

 こういうのどんどん発売したら見境無く買っちゃいそうです。それほどまでに感動でした。

 ずっと見ていたかったけど、ステージイベントも見たいので比較的待ち時間が少ない「ARゲームズ」へrun

~ARゲームズ~

 机の上の一枚のカード、これを3DSのカメラで映すとなんと!カードから箱が飛び出してくる!これを矢で撃つと的当てがスタート!的は正面から当てなければならないので体ごと動かして矢を撃ちます!

 すべての的を壊すとボス戦と思しきドラゴンとのバトルが!ボディのパーツを狙って矢を撃てばいいのですが、相手も攻撃してくるのです!回避する方法は体ごとグイッと動かして相手のサイドへ!全てのパーツに当てればゲームクリア!happy02(そういえばゲームオーバーとかってあったんだろうか)

 これ自体の遊び方は単純なものだけど、いろいろ昇華させていったらすごいものになりそうな予感…!

 ちょっと考えたのは、体育館みたいなトコに大きなカードを置いて遊ぶとかいう案。さっきのドラゴンで例えると現実世界との比率が変わって巨大化するし、ドラゴンの攻撃もちょっと体を動かすだけではダメで、ドタバタ走らないと避けられないような。

 あ、ロバートだ。

~Miiで遊ぶ、ARゲームズを体験する~

 撮影した写真からMiiが作れる、そのMiiをARゲームズに登場させられる、そのシーンを画像として保存できる、というのがこのプログラム。会場はかなり盛り上がっていました!おじいちゃんwなるほどw

 そしてポケモンブラックですれ違いを確認したらヒロシーニングがけっこう流行ってて吹いたcat

~新・光神話 パルテナの鏡~

 まるで大乱闘なんとかブラザーズみたいですね!!

 パルテナのキャラが想像の斜め上をいってた…。列に並んでる最中に操作ガイドのような映像が流れるのです。そこでのピットとの二人のやり取りがなんとも…。面白かったです。

 体験版はイージーとハードがあって、ここはセオリーにイージーから始めました。

 ホントはねsign01 ゲームについては割と腕の立つ方だと思ってたからねsign01 ハードから始めたかったんだけどねsign03……イージーを選んでて正解だったんだねって。

 操作に慣れなくていつの間にか終わってた感じです…。ボスdogdogは倒したんですけども。

 あとやっぱり画面がきれいでした!DSのときはN64のゲームが表現できるってあったけど、3DSはゲームキューブが表現できそうな気がする。

~任天堂ゲームミュージックライブ~

 音楽についてどう語ればいいのか分からないので割愛。でも良かったnoteドンキーコング熱い。

~ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D~

 120分待ちの列に並んで実際にプレイできたのは100分後でした!時間短くなったじゃん!やったじゃん!impact

 台数が少なかったからか、待ち時間が100分を下回るタイミングは無かったんじゃないだろうか。ゼルダブランドすげえ

 3DSを手に持ったときに係の人から説明を受けたんですが、立体で表現されるハイラル平原の美麗なオープニングデモに見とれて大半を聞き逃してしまいましたsweat01

 とりあえず操作説明と「コキリの森」「デクの樹」「ゴーマ」の三つの地点のどれかからスタートできることを聞いて、私はダンジョン「デクの樹xmas」からスタート!

 操作性はちょっと変わってたりしたけど、やりこんだゲームというのは指が覚えてるものでサクサク進めました。これは後で考えたらゲーム自体に大きな変更は無いということなのかなと。裏技なんかは削除されてるにしろ、細かなノウハウは今作でも生かせそうな気がする。

 操作が面白かったのがパチンコの狙いで、これは3DSを傾けることで狙いをつけます!上の方を狙うのであれば、3DSを頭の上の方へ持ってくるように。従来のようなマニュアル操作も可能なようで、Z注目(L注目?)もそのままです。

 残り時間を気にしながら怒涛の進撃!ちゃちゃっと最下層まで到達し、231のごーまんなさい!で、ボス部屋へ!

 このデータでは始めからデクの棒を10本持っていたので、豪快にジャンプ斬りで撃破!その後、光に入って外へ。

デクの樹さまxmas「この短時間でゴーマを倒すとは…!」

 いや、アンタは呪いかけられてて短時間とか言ってる場合じゃないだろう…とかいうのは胸の奥にしまい込み、時間が来たので出口へend

 やっぱり映像がすごい。3Dで見てみたいのは冒頭のナビィ飛行シーンとか、ねじれた回廊とか、釣堀とか、よく考えたらわくわくするようなロケーションがたっぷりですhappy02

 この時点で目的は達成できたので、ふらふらとバイオハザードのプレゼンを見たり、最初に見逃した壁の穴をのぞいたりして帰る流れに。

 そういえばいつだったか会場でグッズ販売の予定があるって記事をどこかで読んだような気がするんだけども……無かった。なんだろう、夢だったのかな。

 帰り道、せっかく東京まで来たのでダークライ貰いにポケセンに立ち寄る。

~ポケモンセンター トウキョー~

 さすが休日、人がすご……

 等身大ツタージャをはっけーん 思ったよりも大きくて出来もいいかんじ…!財布が太ってれば買ってたかもしれない。

 その代わりに小さいツタージャぬいとソフビジャローダをカゴへ。

Photo

 ジャローダはいいなあ、満足感のある大きさでナイスですscissors

 ジャローダ様あああぁあああぁぁぁ!!!

 お菓子もなんか買うかー、と立ち寄ったコーナーでてんを待ち受けていたものとは!

Photo_2

 ペーパークラフト付だと……!?

 切り抜きにハサミは使わずミシン目で切り取るタイプなので、その点については簡単らしいです。しかしBW御三家のミジュマル、ポカブ、ツタージャが既にペパクラ化していたとは!パッケージにドッコラーとかハハコモリがいるから、BWが発売してしばらく経ってから登場したんだろうか?とするとウチのツタージャと時期が一致しないかcoldsweats01

 大丈夫だ、問題ない(ある)

 ミジュマルとポカブは作ってあげられなかったので安心しました。ポケセンも粋なことするな~spa

 今度は等身大のジャローダぬいぐるみをだな…

 で、ダークライ貰って帰るーhouse

 

 これにて報告はお終い。今回は新しい発見にたくさん出会えてよかったです。さああてとお!ルカリオ進めるぞ!

| | コメント (4)

【ルカリオ】はどうだん途中経過

A  途中経過では恒例になった間違い探しだよー

・・・・・・・答え!

・しっぽ無い
・腕のトゲ無い
・テクスチャが適当

 ルカリオ…、個々のパーツの設計が難しいです…。胴体が特に。現在はなんとかなってますが、組み立て方と相談したときにいろいろ矛盾が生じる予定。

 そんでもって作業に当てられる時間があんまり無いかもしれないときて、これは、完成までかなりかかりそうだなあ…。試作もできてないし。

 ともかく望みのイメージに近いところまでモデリングできて、方向性も固まってきたので、ちょっとは安心できるかなと。

 うーん、ゆったりペース。

 さて!ルカリオといえば「波導」!波導といえば「3DS」!!(??)ということで、3DS体験会に行ってきたんだぜ!

 で、続きにそれについて書こうと思ったけど、思いのほか長くなりそうなので次の記事に書きます!

| | コメント (0)

sandbox砂場

不定期に何か書いたり描いたり、実験したり。

*******************************************************

テイルズオブリバースのシャオルーン作りたい

が、ゲーム未プレイだし、ニコ動のプレイ動画もよく分からないし

*******************************************************

「みんなのリズム天国」

・「バドミントン」好き
・「漫才」好き

*******************************************************

■幻影の覇者ゾロアーク感想■

・入場口で貰ったキーチェーン、ゾロアが鼻血出るくらい可愛いんだけど…アークの塗装が残念無念…。

・本編始まる前の他の予告宣伝長いなー(ケータイ切ってな!)おお、そうだ忘れてた。映画を堪能するために万全を期せねば!

・突然のガーディ登場!!え何、最近のポケモン映画ってこんなサプライズがあるのか!ガーディかわいいなぁ~。ジュンサーさんがセレビィの受け取り方を説明してます。ガーディかわいいなぁ~。そういえばこのパートはDVDに収録されるのだろうか…。されないとしたら貴重というか、もったいないというか。(DVD入手!収録されてなかった!もったいねえ…)

・伝説のポケモン達がどどーんと。そしてホウオウ様…たぶん映画のオープニングとかには毎回登場してるんだろうけど、一度も本編で主役こなしたこと無い(;ω;) 映画2010のサイト公開当初のムービーではルギアと争うシーンまであったのに…。もはや真の意味での伝説のポケモンなのか…。金銀プッシュされてる今年を逃して一体いつチャンスがあるというのだ!そのホウオウ様を差し置いて2010の映画に登場してる主役は誰なんだ!?あ、ゾロアークか。そうか、ゾロアークでは仕方が無いな、うん。

・ポケモンバッカー。今まで一度も聞いたこと無かったけど、大人気の競技らしい。なんか一言で形容しがたい…ボール?をポケモンが弾いて浮遊する…ゴール?に入れるというもの。ゴールがボールと同じくらいの大きさしかなく、命中させるのは至難の業(てか、これ難しすぎて人間はできないべ)。この斬新な競技スタイルが物語り終盤で伏線↓になるのかと思ったけど、そんなことはなかった。

※後に予想した間違った伏線
サトシ「コーダイより先に時の波紋を!」 パス
ゾロア「マァ!セレビィを時の波紋に投げるんだ!」 トス
アーク「グヮアァァ!!!」 レシーブ

・コーダイの飛行艇内。ゾロアとゾロアークが仲良く寝てる(このシーンでにやけっぱなし、大丈夫!映画館暗いから!←)あぁもう…どっちも可愛い…。そんな憩いのひと時をジャマするのはエンテイ・ライコウ・スイクンの3匹!危ないからとゾロアークはゾロアをたてがみの中に押し込みます(にやけタイム)。この辺だけでご飯3杯いける。

・ゾロアとゾロアークは親子!誰がなんと言おうと!

・ややあって。コーダイの操るマスメディアという幻影はすごいなぁ、と。ゾロアのホログラムは作るし、数ステップで映像の編集とか、カメラをも化かすゾロアークの幻影を破る技術とか。これも未来視によってもたらされた結果なのか。

・ゾロアーク捕獲の檻のメカニカルな部分。ポケ映画では毎回思うけど、メカが独特。あの車から伸びる機械の腕がなんか、……「なんか」だった。

・【年寄り+進化済みポケ+時間軸モノ】といえば、昔の回想が付き物でポチエナが見れるかなと思ったけど、そん(ry

・ゾロアークが自力で脱出した直後、色違いの三匹に遭遇し攻撃される。このタイミングでゾロアークの進路を妨害されるとイラっとくる!街の守り神ともあろう者がなんたる狼藉か!まあおとなしく話を聞いてやるような性分じゃないだろうな、三匹。たぶん使ってた技はフレアドライブ、はどうだん、エアスラッシュ。うめぇ。

・モジャンボに変身してつるのムチとか、水晶に閉じ込めたりとか幻影だから実体は無いはずなのに対象は行動を制限されるとは、きっと幻影とは催眠術とか暗示に近いものだったりするんだろう。深層心理を操作するような。

・ドーミラーがちょっとだけ好きになった。

・しっかしコーダイ悪いやつだ!ポケモンを投げ飛ばしたり電撃当てたり、それも数え切れないほど!…とにかく許せねえ!!ガブリアス使わないのにガブリアスヘッドにしやがって!(関係無い) 未来が見えるからシリーズ屈指の悪者とか言われてて、確かにそうだとも思ったけど、もっと強すぎる描写があっても良かった。「うわー攻撃が全然当たらねーコイツどうすれば倒せるんだよ!」的な、まさしく絶望。って子供泣くぞ、却下。

・今までにはポケモンが死んじゃう映画もあったりするから、ゾロアークが倒れたときはドキドキしたものです。セレビィありがとう!

・私は騙されやすい性格なのか、劇中の全ての騙されポイントで騙されました。でもなんだか気持ちよかったなw これほど化かされる映画も珍しいのではなかろうか。

・ラスト、タケシ!

~総評~

ゾロゾロもっふもふ!!!ゾロアークが好き過ぎて評価に補正が入ってるかもしれないけど、超いい映画だったよ!

*******************************************************

時の歌1回クリアって、ダルマーニに話しかけた後、大翼の歌で飛んでよかったのか…

*******************************************************

■クリックすると全文表示

<div onclick="this.style.whiteSpace = 'normal'; this.style.height = 'auto';" style="TEXT-OVERFLOW: ellipsis; WHITE-SPACE: nowrap; HEIGHT: 1em; line-height: 1em; OVERFLOW: hidden; CURSOR: default">ツタージャはなぁ…あのすらっとした体躯と大きな目と貴族感あふれる気品を併せ持つくさへびポケモ…あっ!ツタージャだ!まてーーー!</div>

ツタージャはなぁ…あのすらっとした体躯と大きな目と貴族感あふれる気品を併せ持つくさへびポケモ…あっ!ツタージャだ!まてーーー!

*******************************************************

巨神脚って「きょしんあし」って読むのか・・・。音読みで「きょしんきゃく」かと・・・。

*******************************************************

アブソル
アルセウス
オオタチ
カイリュー
ガーディ
キュウコン
クチート
グラエナ
シェイミ
スイクン
ゾロア
ゾロアーク
ベイリーフ
ラティ
ラプラス
リザードン
ルギア
ロコン
ワニノコ
ペンドラー

| | コメント (0)

あけましておめでとう!2011

2

 新年明けましておめでとうございます!

 てんのペパクラは今年もがんばって作品を作って参ります!

 

 「毛筆ポケモン」であるゾロアークさん(嘘)に一筆書いてもらいました。賀正!しかし洗うの、大変そうだ。

 えっと!あとは今年の抱負とか書けばいいのかな?!

「かっこいい、かわいい作品をいっぱい作りたい!」
もう当たり前だけど、今目指せるものはこれしかないし!
あ、あとイラストもかっこいいのが描ける様になりたい。
前々から言ってる他版権も作りたい。
空探クリアしたい。
ゾロアークもふもふしたい。

……ハッ!

 とりあえず2011年もてんのペパクラをよろしくおねがいします!

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »